ブリング・スタビティ 投書紹介 その1
デヴァイン・ノヴァ
[ライト]
ブリングの後ろ髪を切ったら、はいデヴァイン。
コピーって便利ですなあ。

えたろう
では投書、管理人みずからです。
 
[メール]--------
デヴァイン・・・。デヴァイン・・・。
なにかの見間違いかと思って1週待ってみましたが、
やっぱりでした。合掌。

--------[メール]
 
おっさん
なんじゃこりゃ。
ため息のような投書だな。
えたろう
傷心というよりも、唖然としています。
え?なに?さくっとフェードアウト??
 
スミルノフ大佐の壮絶ラストと同じ回だったので、ますます影が薄い仕上がりになっちゃってまあ。
おっさん
みんな大好きスミルノフ大佐。
えたろう
みんな大好きデヴァイン、
とか言う暇もなく宇宙に散った・・・。
おっさん
ほんと、ブリングの仇で大活躍してほしかったなあ。
えたろう
デヴァイン、出番(でばん)少なし。
おっさん
全く。
えたろう
あれ、今ギャグのつもりだったんですけれど。
スルーですか?
おっさん
・・・スルーされたのはデヴァインとブリングのほうだ。全く。

キャラ語り:ブリング・スタビティ /機動戦士ガンダム00
ブリング・スタビティ 投書紹介
その1 
[#]おっき〜のTOP

2008-2016 toranosukeh_