片貝彰 /小さな巨人 ミクロマン
[1]イラスト画像
[2]キャラ語り

片貝彰 投書紹介
現在、投書はありません。「投書」よりどうぞ!
 
片貝彰 小さな巨人 ミクロマン
[ライト]
ミクロっちの画面をバックに。
メガネの位置が低過ぎませんかプロフェッサー。
 
おっさん
片貝彰・・・人は呼ぶ、プロフェッサーKと。
えたろう
もしゃっとした髪にメガネ、
ぶかぶかの白衣を羽織って。
 
プロフェッサー以外の何者でもないわ〜。
 
忘れたころに出番がある人です。
おっさん
忘れてやるなよ。
ミクロマンたちのピンチのときに、だろ?
 
困ったときのプロフェッサーってな。
えたろう
どうですかね。
 
置鮎氏の声こそ優しいですが、
言ってくることはもはや無茶振りの域ですよ。
おっさん
だは。
えたろう
天才だかなんだか知りませんが、
モニター越しに、
ポケットに手を突っ込んだままで、
さらっと無茶振り。
 
鬼ですよ、鬼。
おっさん
彼自身は戦えないからな〜。
 
後方支援ってやつだよ、エジソンみたいに。
えたろう
戦いって言っても。
 
すごい派手な戦闘シーンが描かれていますが、
そもそもミクロの世界なんで
実際は六畳くらいで収まってたりするんじゃない?
おっさん
スケール小さっ!
えたろう
だいたい、
小さいくせに生意気なんですよミクロマン!
おっさん
ええ〜、
さっきからなんでディスってんの。
えたろう
だって自分、アクロイヤー派ですから!
ミクロマンは敵です!
おっさん
いやいや、アクロイヤーも小さいのでは・・・。
 
Amazonサンに聞く!

[#]おっき〜のTOP

2008-2016 toranosukeh_