ティボルト /ロミオ×ジュリエット
[1]イラスト画像
[2]キャラ語り

ティボルト 投書紹介
その1 
 
ティボルト ロミオ×ジュリエット
[ライト]
全体的に漆黒です。
空気も切れそうな素早い切りつけ。
 
おっさん
匿名さんからリクエストいただきました〜。
えたろう
はいさ。
早速お蔵出し、ロミジュリよりティボルトです。
 
その名の通り「ロミオとジュリエット」をモチーフにした、
とってもファンタジー色豊かな作品です。
 
で、ティボルトはというと・・・因縁の子といったところでしょうか。
おっさん
敵対するモンテギュー家とキャピレット家、
その両家の血を引くものだからな。
えたろう
はい。
ロミオの異母兄にあたるんですね。
 
母親の仇である父親、暴君モンテギュー王を討とうと画策するという。
おっさん
普段はその身を隠すように、漆黒の衣を纏い、黒い竜馬に乗り。
 
街の片隅でひっそりと、仇討ちの時を狙っている。
えたろう
その復讐に燃える姿勢が、かつてのモンテギュー王にそっくり、という表現も作中にありましたが。
おっさん
でも彼が王のようにならなかったのは、
ジュリエットたちに出会って考えを改めたから、かもしれん。
えたろう
葛藤があったんでしょうねえ。
 
そういった、陰のある役どころのせいか、置鮎氏の声も押し殺したような低音です。
渋いです。
 
苦虫を噛み潰しまくってるような声です。
おっさん
そりゃ不味そうな。
えたろう
そんな、一匹狼。
 
もうそれだけでカッコイイんですが、また刀捌きがいいんだこれが。
おっさん
そうそう、二刀流でね。
えたろう
曲刀っぽくて短めな、エキゾチックな雰囲気の剣を、
こう、ひゅんひゅんと、踊るように振り回すんです。
 
そういった美しい殺陣も、この作品の見所のひとつですね。
おっさん
あれ?
今回、なんかマジメだな。
えたろう
愛には愛をもって答えたくなるものです。
バラとアイリスを胸に・・・。
 
Amazonサンに聞く!

[#]おっき〜のTOP

2008-2016 toranosukeh_