ゼロ /ロックマンX シリーズ
[1]イラスト画像
[2]キャラ語り

ゼロ 投書紹介
その1  その2  その3  その4 
 
ゼロ ロックマンX シリーズ
[ライト]
哀しみのバックショット。
ボリュームある金髪がたなびきます。
 
えたろう
ああ きみよ
はがねのからだを あつくたぎらせ
なんのためにたたかうのだ?
 
は〜い、ロックマンXのゼロです。
おっさん
なに冒頭のモノローグは。
えたろう
これはですね、
エンディング風に決めてみようかと思って。
 
毎回、少し哀しいかんじがたまらんです。
おっさん
ああ、そう。びっくりした。
えたろう
ゼロって、その立場はタイトルによって違うのですが・・・。
 
まあ大雑把に言えば、
主人公エックスのときに友、ときにライバル、みたいな存在ですかね。
おっさん
2人の対戦シーンもあるからな。
これも因果よのう。
えたろう
ロボットの身でありながら、同じロボットたちと戦わなくてはならないなんて。
おっさん
そこらへんが、ロックマンの主題であり、
最初に言った「少し哀しいかんじ」に繋がっているのかも。
 
しかし哀しい気持ちになるアクションゲームってのも、ちょ、すごいな。
えたろう
ロックマンおそるべし。
置鮎氏の、正義感あふれる声がまた、ある意味哀しい。
 
ってまあ、アクションゲームですから、
自分のように反射神経の乏しいやつは、そういうのに気をとられている余裕はないんですがね、実際。
おっさん
それもまた哀しい話だねえ。
えたろう
ぐすん。では最後に。
 
ああ きみよ
いまは そのめをそっととじて
つかのまのきゅうそくをとるがいい
 
たたかいはまだ おわらないのだから・・・
おっさん
モノローグ締め。
おあとがよろしいようで。
 
Amazonサンに聞く!

[#]おっき〜のTOP

2008-2016 toranosukeh_