コヤスキャラ傾向と対策(3) メニュー画像-テラコヤス!
サイトTOP はじめに 目次 characterTOP 企画TOP ゲームTOP リンク
コヤスキャラ傾向と対策
いろんな切り口から見てみる。
 

企画TOPへ 
代表作ってナンだ!? その2
代表作ってナンだ!? その2
前回よりひき続き、代表的アニメキャラについて考察する。
 
------
 
選定ポイントとなるのは以下だろう。
 
 1.作品の認知度
 2.キャラクターの認知度
 
これはもう、おなじみムーミンより、
”スナフキン”でしょう♪
 
ということで説明してみる。
 
筆者「あの、スナフキンの声のひとだよ〜」
一般人「へえ。スナフキンって・・・どんな声だったっけ?」
 
えええええー、バッサリ!?
 
スナフキンはキャラクターとしては有名だが、
声はイマイチ認識されていないようである。
 
ここはもうひとつポイントを追加して考慮する必要がありそうだ。
 
 3.声(喋り方)のインパクト
 
上記に挙げたポイントをもとに練り直してみよう。
 
------
 
一般人でも知っている出演作品といえば、まず思いつくのは
”エヴァンゲリオン”である。
 
筆者「あのエヴァの、青葉シゲルだよ〜」
一般人「・・・誰?」
 
う、キャラクターの認知度が低すぎる。
 
逃げちゃダメだ。次いってみよう。
 
 
”アンパンマン”はどうか。
 
筆者「アンパンマンのコーンくんだよ〜」
一般人「・・・だから誰?」
 
そうだ、恐れないで次へ。
 
 
”ガンダム”はどうでしょう。
 
筆者「SEEDのムウさんとか、
 Wでは仮面の男・ゼクス、
 ターンエーのギンガナム御大将・・・」
 
説明途中で気づいてしまった。マニアック過ぎる!
ガンダムは、ファースト以外のシリーズはマニアックなのである。
 
------
 
では”ケロロ軍曹”のクルル。
 
ちょっとしたアニメ好きなら、これで一発!ってものだろう。
 
ただいかんせん、一般的に”ケロロ軍曹”の認知度は・・・微妙だ。
ましてやクルルって言われても、4番手(!?)だしなあ。
 
 
ではではメイン役で活躍していたのは?
 
”ボーボボ”、”ネウロ”、”ビーストウォーズ”は主役だったなあ。
 
しかしこのラインナップ、
どう考えても通じないだろう、一般的に。
 
・・・ためしに言ってみる?
 
筆者「ほら、コンボイだってば、イボンコペッタンコ♪」
 
ああ、もう変人である。
 
心が折れかけたので、さらに次回へ。
 
 
 
本日の考察、これにて終了!
本サイト内 該当キャラ(一部)子安武人さんを応援する三角くん
    スナフキン青葉シゲルコーンくんムウ・ラ・フラガクルルボーボボコンボイ
コヤスキャラ傾向と対策(3) フッタ画像-テラコヤス!
terakoyasu! -テラコヤス!企画 > コヤスキャラ傾向と対策     
2007-2017 toranosukeh_